熊本共同法律事務所

離婚

法律相談
話しやすい雰囲気づくり,難しい言葉を避けた分かりやすい相談を心がけています。
また,夜間・休日相談や各種無料相談も行っています。
取扱事件
熊本共同法律事務所では幅広い事件を取り扱っております。
特に,労働問題(不当解雇,サービス残業など),家庭内の問題(離婚,相続など),交通事故,医療事故,借金問題(任意整理,過払金返還,自己破産など),中小企業の法務に力を入れております。

弁護士
熊本共同法律事務所には5名の弁護士が在籍しております。
費用
委任の際の費用は,契約書を作成するなどして明確にいたします。
また,見積書を作成することも可能です。

ボール 離婚(親権,財産分与,慰謝料,養育費など)

離婚問題などに関する法律相談につきましては,法テラスの民事法律扶助により無料とできる場合があります。
また,夜間・休日相談も行っています。

Q1 離婚するための手段には,どのようなものがありますか。
 離婚には,次の@〜Cがあります。
@ 協議離婚
 話し合いをして離婚届を提出します。
 離婚すること自体や親権,養育費などに争いがなく,金銭の支払いが確実である場合などに適しています。
A 調停離婚
 家庭裁判所の調停手続を利用します。
 調停の中で,調停委員を間に入れて話し合いを進めます。
B 審判離婚
 調停離婚が成立しなかった場合に家庭裁判所が調停に代わる審判をすることがあります。
 しかし,審判に不服がある場合には裁判離婚へ移行するので,ほとんど利用されておらず,熊本の裁判所ではほとんど利用されていないのが現状のようです。
C 裁判離婚
 調停離婚が成立しなかった場合に,裁判で離婚などを求めます。
 離婚事由が限定されますが,裁判官による判決で解決できます。

Q2 離婚の際は,どのようなことを決める必要がありますか。
 次のことを決める必要があります。
@ 離婚(婚姻関係の解消)
A 親権
B 養育費
C 面会交流(面接交渉)
D 財産分与
E 慰謝料(不貞行為があった場合など)
F 年金分割
 なお,離婚するまでの間の生活費(「婚姻費用」)や面会交流についても決める必要があります。

Q3 調停の場で,相手方と顔を合わせなければならないのですか。
 いいえ。基本的には,別々の待合室で待機しますし,調停委員からの聞取りの際も別々に行います。
 また,呼び出し時間もずらしてもらうので,出入り口で顔を合わせる可能性も低いです。
 なお,最後の調停成立の際においても,同席せずにすませることもできます。

Q4 養育費を支払ってくれません。
 養育費について話し合いをしないまま協議離婚した場合は,養育費について調停をする必要があります。
 調停離婚や裁判離婚等をした場合で養育費の定めがある場合は,給与や預金口座を差し押さえることができます。

Q5 DVを受けています。
 至急,弁護士,警察,福祉事務所または女性相談センターに相談へ行き,身の安全を確保してください。
 保護命令に関する支援を受けたり,一時保護してもらえます。
 けがをしている場合は,病院で診断を受けてください。

Q6 別居中の生活費を相手方が支払ってくれません。
 別居中であっても,離婚までの間は,原則として,生活費(「婚姻費用」)を支払う義務があります。
 任意に支払わない場合は,調停や審判など家庭裁判所の手続による必要があります。

Q7.別居中,相手方に子どもを連れさられてしまいました。
 緊急に裁判所などを通した法的手続を行う必要があります。

Q8 年金分割とはどのようなものですか。
 厚生年金や共済年金について,結婚期間中に支払った保険料は夫婦が共同で納めたものとみなして,将来の年金額を計算しようというものです。
 例えば,専業主婦の妻の場合は,夫が支払った保険料の一部(最大で50%)を妻が支払ったものとみなして,将来の年金額が計算されます。
 共稼ぎの場合は,原則として,夫婦が支払った保険料の合計額の半分をそれぞれが支払ったものとみなして,将来の年金額が計算されます。


取扱事件トップに戻る

Copyright (c) by Kumamotokyodo Law Office All Rights Reserved.